こだわり

素材の味にこだわり続けて40年

ホーム > こだわり

メール会員募集

福島の山菜屋 とうしん食品ニュース配信中

メールアドレス
福島の山菜屋「東信食品工場」から色々なニュースを
配信しています。

10,000円以上ご購入で送料無料!

Facebook

タグウォーク
お中元、お歳暮
こだわり

私たちは創業以来40年天然素材の良さを生かす加工を心がけ、
素材の味にこだわった商品を作り続けています

素材の味を生かすために
  • 手間を押しまず丁寧に手作りしています
  • 薄口の味付けにこだわっています
  • 出来立ての美味しさをお届けできる保存方法を選んでいます

私たちは素材の味にこだわった商品を作り続けております。そして、創業以来かたくなに天然素材の良さを生かす加工を心がけています。 この自然が持っている本来の美味しさを生かすというのは、案外難しいものです。たとえば、素材の旨みは手を加えるごとに失われてしまいます。しかも、効率を重視すればするほど、旨みは失われていきます。そこで足りなくなった旨みを補うために、調味料や添加物に頼ることになるのです。 私たちは、手間を押しまず丁寧に手作りすることで、素材の旨みを大切に残すようにしています。ですから、味をつけることで美味しくするのではなく、素材が本来もっている繊細さを引き立てるための味付けをしています。缶詰にするということ、それも素材のよさをそのままお届けするための1つの方法です。 自然の恵みを自然のままに、上品な味付けの山菜を出来立ての美味しさそのままに食卓へお届けいたします。地元で愛されて四十年。初めは地元のこだわりのある一部のお店の業務用食材として利用されました。そこから徐々に一般家庭でも利用されるようになりました。今では頂き物をきっかけとして日本各地からご注文いただくようになったのです。

手間を押しまず丁寧に手作りすることで、素材の旨みを大切に残すようにしています。


「お宅の缶詰食べたら他の山菜は食べられないです。」「お友達に上げると、本当に喜ばれるんです。」「息子に見つかると1缶ぺろりと食べちゃうんで、戸棚に隠してあるんです。」このようなお話をご注文の際にしていただいたり、お便りを頂いたりしています。一方山菜が苦手という人からも「山菜は嫌いでしたが、これなら美味しく食べられます。」という喜びの声をいただいてます。 地元の山菜好きな人も納得したこの味を、ぜひ、皆様にも楽しんでいただきたいと思っています。

沿革

吾妻山を望む田園風景。そんな片田舎に私たちの工場はあります。とてもとても小さな工場です。 創業は今から40年ほど前、採れたての完熟黄桃を缶詰に加工する事から始まりました。

一般的に桃の缶詰は実が硬くないと缶詰後に痛んでしまう為、充分に熟さない状態にシロップで味付けをし、調整されていました。その為、当社で作る完熟の黄桃は香りもよく、たいへん美味しかったそうです。

しかし、安価で生産される輸入品に押され、国内で生産される缶詰は不振になってしまいました。 これからは、うまみや甘みの少ない薄味の自然なおいしさが好まれるようになるんだ」そこで始まったのが、「山菜(わらび)の加工」でした。しかし、当時の地元の人々は自分で山菜を採ってきて食べていましたし、わらびなどは塩漬けにされ1年中食べられていたのです。

多くの人が「山菜を缶詰にしたって売れないよ」そういって笑ったそうです。ところがアク抜きなどが完璧に出来ている、そして、何といっても多くの人が自分で漬けるよりも美味しい事から口コミで広がり徐々に売れ始めました。元のわらびに慣れ親しんだ人たちが納得したのです。

福島の山菜屋 東信食品工場
事業所概要
  • 屋号 / 東信食品工場
  • 代表者 / 渡辺 价克
  • 業務内容 / 食品・缶詰等製造販売
  • 住所 / 〒960-1104 福島県福島市小田字山岸8
  • TEL / 024-545-0735
  • FAX / 024-545-0912
  • E-mail / info@ts-f.jp
  • URL / http://www.ts-f.jp